スポンサーリンク

最近購入した本で面白かったのでご紹介”欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア”

最近購入した本で面白かったのでご紹介”欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア”

 

たまには普通のブログっぽいのも書いてみようと思ったけども特にネタがなかったkekekeです。こんにちは。

 

ずっと前から読みたいと思ってた本を買って読み終えましたのでご紹介。

 

スポンサーリンク

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

この本未だに売れてるんですけど書かれたの70年前なんです。

 

ジェシー・リバモアというギャン、ソロスといった天才的投機家と並ぶ人の生涯を書いた本なんですけど、この人、人生で何度も破産しては資産を築いてと繰り返しています。

こういった投機の本で破産して復活してくる系のストーリーって珍しいですよね。
この本に興味を持ったのが別の本からなんですが

この本もとても面白いんですがこの本に出てくるのはみんな有名なトレーダー達なんですが、この本の中の人達に最も優れたトレーダーは誰だと思う?と訪ねたところ一番多かったのがこのリバモアさんなんですね。

 

自伝系って多少脚色されてると思いがちなんですけど、この欲望と幻想の市場も
インタビュー形式の本で、インタビュアーは全く投機に関する知識がない人だったそうです。よって、脚色のしようがないという本です。

 

作者あとがきを含めて341ページだったので量と値段も手頃なので読みやすいですし、オススメです。

 

 

私はこれをポチっちゃいました(ノ∀`)アチャー

まとめ

なんか初めて自分が買ったものを勧める記事を書いたんですけど
面白さを伝えるってすごい難しい。内容を丸出しにしたらネタバレすんなって言われそうだし法的にアウトになりそう!w

 

でも、この本は買ってよかったと思っています。投資とかに興味がない人が読んでも
心理描写などが”お金”などで共感しやすい部分も多くあるので読みやすいです。

 

おしまい

タイトルとURLをコピーしました