スポンサーリンク

GMOが発行する円のステーブルコインとは?

GMOが発行する円のステーブルコインとは?

こんにちは、kekekeです。

円ペッグ通貨はそのうち出てくると思いましたがGMOがその領域に踏み込んだようです。

ステーブルコインは仮想通貨の中のあり方の一つですが先に簡単に説明をしたいと思います。

スポンサーリンク

ステーブルコインとは

仮想通貨はボラリティ(価格変動)が非常に大きく通貨として利用するにはまだまだ不安定です。

ステーブルコインはその不安を取り除くために用いられる仮想通貨です。

ステーブルコインの特徴は価格が安定しており急激な価格変動を伴わない仮想通貨を(目指しているもの)で、これによりキャッシュレスで実際に仮想通貨を利用することが可能にするという目的があります。

 

ステーブルコインの種類

大きく分けて3種類あります

法定通貨担保型:USTD
仮想通貨担保型:DAI
無担保型:Basis

 

法定通貨担保型

USDTが一番わかり易いですね。これはドルと同じ価値をもたせるためのステーブルコインです。

Bitcoinなどと比べたらボラリティは低い部類にはなりますが、仮にアメリカの経済が破綻した場合は一気に価格が急落します。

そういった意味だと法定通貨担保型はやや弱いという感じです。

 

仮想通貨担保型

これもUSDTと同じ仕組みで、他の仮想通貨と同じ価値を持たせるステーブルコインです。

これは法定通貨よりも昨今の仮想通貨のボラリティを考慮するとあまり意味がないような気がしています。

 

無担保型

一番注目すべきなのはこの無担保型のステーブルコインです。これは他の法定通貨や仮想通貨の影響を受けずに独自に成り立っているものです。

例えば無担保型のステーブルコインがパン1個と同じ価値と決まったとすれば、現状の仮想通貨のように仮想通貨取引所を経由して現金化して更に口座に送ってキャッシュカードで引き落とすという手間を省けます。

これが海外などに行けば為替などの手数料も支払わずに済みます。

 

ステーブルコインの課題

まだ仮想通貨が世の中に浸透していないためステーブルコインの構想があったとしても、現状では法定通貨の方が利便性が高く

まだ始まったばかりのプロジェクトです。課題もまだまだ山の様にあり、数年はかかるようなものだと思います。

課題の一例

  • 法定通貨と同じくらいの認知度が必要
  • キャッシュレスで処理できるPOSなどの機器の普及
  • 中央集権化された場合のリスク

 

ステーブルコインの将来性

これに関しては非常に高いです。世界的にキャッシュレスが推進されており、日本でもその動きがあります。

仮想通貨のメリットでも、デメリットでもある高ボラリティが解決され実用性が備われば十分普及します。

イメージとしては世界で使えるEdyやSuicaやnanacoみたいな感じですかね。

それが、全てのコンビニやスーパー、飲食店で利用できれば結構便利だと思いませんか。

もちろん現状の課題が全て解決出来ればの話ですが、ポテンシャルは高いです。

購入するのは主に日本よりか、発展途上国などで起きるハイパーインフレ対策で海外から購入されることが多いと思います。

トルコリラやジンバブエドル問題のような信用力が低い通貨より安全に資産を管理できるというだけでも十分なメリットです。

 

ここでようやく本題のGMOがステーブルコインを発行

現状でもステーブルコインは57種類発行されていて、その中で一番出来高があるのが法定通貨担保型のドルと紐づけたTether(USDT)であり、これを基軸通貨としている取引所もあります。

GMOのプレスリリースを見るまでは知りませんでしたが、TetherはBitcoinの次ぐ取引量をがあるようです。

GMOが発行するのは法定通貨の円と紐づけたGMO Japanese YEN(GJY)です。

円は法定通貨の中でも安定通貨で、世界で何か異変が起こったりすると円が購入され円高となったりします。そういった意味ではTetherよりもGMO Japanese YENの方がより、ボラリティが低いステーブルコインとなると思っています。

仮想通貨業界に注力しているGMOが発行するということで本気具合が伝わってきます。

無担保型じゃなくて法定通貨担保型じゃないかと思った方もいると思いますが、
まずは法定通貨担保型からじゃないと普及すら難しいと思うためこの判断は間違っていないと思います。

知らない国の一つの企業が発行する無担保型は有る種のICOみたいなものになりますからね。リスキーすぎて手が出せません。

まずは法定通貨担保型から入って、普及した後に無担保型にシフトしていくのが妥当だと思います。

 

まとめ

ドルのステーブルコインは流通しており、ある程度の実績があるため円のステーブルコインもその流れに乗れると思う。

仮想通貨の中でもステーブルコインの将来性は非常に高く、時代と共に廃れるという心配が少ない。

気になるのは同じ法定通貨担保型で別の円のステーブルコインが出た場合です。
これは先に出した方が有利だと考えています。よほどの技術革新が無い限りシェア率は維持されるでしょう。

興味が有る方はまずはGMOコインで口座を開設しておきましょう。

GMOコインの口座開設の申し込み、登録方法のを画像付きで解説
GMOコインの口座開設の申込方法から手順まで画像つきで解説
タイトルとURLをコピーしました