スポンサーリンク

ICOとは?ほとんど詐欺っていう話。

仮想通貨は偶数月に値段があがり奇数月に値段が下がるというアノマリーを最近耳にして

9月に入った途端Bitcoinが大幅に値上がりしたのを見てちょっと驚いてますkekekeです。

アノマリーとはある法則・理論からみて異常であったり説明できない事象や個体等表す言葉。何の根拠もないけど不思議とそうなるという現象
スポンサーリンク

ICOとは

ICOとはInitial Coin Offeringの略で、仮想通貨を用いた資金調達手段のことを指します。

簡単に仕組みを説明するとkekekeCoinというのを1000枚ほど私が作ります。
私が適当に作成した仮想通貨のため何の価値もありません。
街で無料で配られてるポケットティッシュの方が価値があります。

 

kekekeCoinを私はこういった事業を行うので1枚1BTCで購入してくださいとスポンサーを探して購入してもらい、それで得たBitcoinを換金して事業を行うという流れです。

 

ICOで資金調達が集まるのは何故か?

突然知らない人にお金を調達させて下さいと言われても怖いですし払いませんよね。

そこで私はホワイトペーパーと呼ばれる事業計画書を作ってスポンサーになってくれそうな人に提示したり人を集めてセミナーを開催します。

そうですね。どこでもドアを作るとしましょう。

もし、どこでもドアが作れるなら将来の価値は凄まじいものですからスポンサーは、こぞってお金を出しますね。それでようやく1000BTCを私は得たとします。

 

スポンサーからすれば完全な投資であり事業が失敗したらポケットティッシュ以下のkekekeCoinだけが手元に残りお金はもちろん返ってきません大損です。

ただし、私が事業を大成功させ仮想通貨取引所に上場してkekekeCoinが10BTCの価値がついたらスポンサーは9BTCの大儲けです。

人間は不思議と物事を自分が都合がいい方向に進むと考えてしまうものです。

加えて、昨年の仮想通貨の大暴騰で仮想通貨は儲かるというイメージが先行してリスクがあまり見えずに購入されてしまって昨今問題になっているんですよね。超ハイリスクの金融商品という認識を持ってほしいと思います。

 

ICOが問題になっている流れ

さぁ私は現在1000BTCという大金を持って事業に取り組む準備が出来ました。

まだ経費は、スポンサーに提示したホワイトペーパーを作成したお金やセミナーを開催した費用くらいです1BTC掛かったとしましょう。

これから何年もかけて本気で事業を大成功させるか、今ある残りの999BTCを持ち逃げするか。という選択が取れる状態なのです。

 

始めから持ち逃げする気であればしばらくお金を集めるだけ集めて放置しておいて適当なタイミングを見計らって事業遂行が困難になったので辞めますとスポンサーに連絡をします。

 

現状、ICOはこれで逃げれてしまうんです。

 

そのため、スポンサー集めのホワイトペーパー非常に魅力的で将来性があるものにしてスポンサーを引きつける努力をみんなします

 

最初から事業なんてする気がなく騙すつもりなら好きに書けますからね。それこそ、ドコデモドアを作るでもいいんです。

 

それは詐欺になるんじゃ?

そうです。詐欺です。ICOの9割は何らかの形で失敗しています。何らかというのは投資した側は決算書などもないため理由把握できないから何らかの形で失敗したとしかわからないのです。ほとんどは詐欺だと思います。

もちろん本気で事業に取り組んで失敗した例もあるとは思います。

それでもお金失ったスポンサー達は激怒します。これが最近のICOトラブルの流れです。

 

まとめ

ICOは仮想通貨を作り、既存の仮想通貨と交換してお金を調達する仕組み

現状、ICOは9割は何らかの形で失敗している。

もし、それでもICOに投資するなら失ってもいいお金のみ出すこと。

株式のように経営権などはICOの場合全くないため事業が失敗したら終わりです。

ICOには触れない方が正解です。もし信頼できる人から紹介されても9割は失敗しているという現実を考えましょう。

まだBitcoinを買ったほうが安全だと思います。

 

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました