スポンサーリンク

ブロックチェーンとは何か。仕組みはどんなものなのか。

ブロックチェーンとは何か仕組みはどんなものか

今日は仮想通貨が全部下がってますね。ファンダメンタル的には間違いなくプラスなのに

テクニカル的には下降トレンドまっさかり。仮想通貨投資で勝ててる人は羨ましいです。

kekekeです(瀕死)

 

スポンサーリンク

聞いたことはあるけどよくわからないブロックチェーン

仮想通貨の話になれば必ずといっていいほどついてくるブロックチェーンの話。
これってプログラミングをしている人なら案外しっくりくるものですが
馴染みがなければ聞いたことあるけどよく分からない

そんなところじゃないかと思います。
技術的な面ではすごい革新的なんですけど、簡単に噛み砕いて説明してみたいと思います

個人の感想レベルです。そんなこと言ってたやつがいたなーくらいで読んで下さい。

まずはみんな大好きWikipedia

 

ブロックチェーン(英語: Blockchain、ブロックチェインとも[1][2])とは、分散型台帳技術[3]、または、分散型ネットワークである[4]。ビットコインの中核技術(サトシ・ナカモトが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。

Wikipedia ブロックチェーンより引用

 

これを初見で読んで理解できる人はすごいと思います。まずは一つ一つ行きましょう。

 

分散型台帳技術(分散型ネットワーク)

まずはこれのイメージを出来るようにしてからじゃないとブロックチェーンがピンときません。

これは対称を例にあげると銀行がイメージしやすいと思います。
銀行は1つの堅牢なシステムで顧客の資産を管理し、誰も情報を書き換えれないように莫大な投資をしてそれを成り立たせています。

たとえば、口座の通帳に1000円しかないところを100万円と精巧に書き換えて
引き出そうとして銀行に行っても銀行のサーバとの差異があるのでばれちゃいますよね。これを中央管理型台帳と想像してください。

 

そこで分散型台帳は逆の発想で、
「1箇所じゃなくて星の数ほどのPCで管理しちゃえば1箇所書き換えても嘘ってわかるよね」
という形で成り立たせています。

 

銀行のシステムに不正アクセスが成功すれば1000円の口座を100万円にすることは可能ですが、
この分散型台帳だと全てのPCの情報を書き換えないと100万円はおろせないという仕組みになっています。

 

これをサトシナカモトという人が論文として発表したのがことの始まりです。
このサトシナカモトさんって日本人かどうかも分からず、未だに正体不明です。
名乗りを上げてる人はいるみたいですが、結局確定してないんですよね~。

 

ブロックチェーン(ブロックチェイン)

上で説明した分散型管理台帳技術を利用したデータベース、

並びにそれの記録方法の名前がブロックチェーンです。

 

ブロックチェーンは直訳しちゃえば「鎖がつながったブロック」となります。
カタカナよりイメージしやすいですね。それが何百個もつながっています。

 

ブロックというのは情報を入れる箱だとイメージしてください。
その箱には前の箱の場所とこのブロックの時間とAさんがBさんに◯BTCを渡したという情報が入ってます。

それを延々と繋げているのがブロックチェーンです。

 

このブロックの情報は書き換えることができません。

というのも、ブロックチェーンの情報はPeer to Peer(P2P)という仕組みで共有してるので
分散型管理台帳技術によって星の数ほどの正しいブロックと1個の不正なブロックなため
すぐばれちゃうので事実上出来ないという感じです。

仮に行うならその星の数ほどの正しいブロックを同時に過半数以上を同時に書き換えることです。
まぁムリですよね。これがブロックチェーンの情報の正当性を証明します。

独占や資金洗浄の危険がある?

ブロックチェーンのところでもちょろっと触れましたが、
逆に言えば過半数を超えるだけの同時書き換え能力があれば不正な操作は可能ってことになります。
銀行の通帳の値を自由に書き換えられるとしたら大変ですね。それが独占の危険性です。

資金洗浄に関しては、これはもう想像は付きやすいと思いますが
現金をBTCにして相手に渡してしまえば不正なお金も正しいお金として洗浄できちゃうってことです。これはまずいぞということで、どこぞの国では仮想通貨禁止!とか真っ二つに叩き割るような対策をしたり、

日本でいうと直近で金融庁が身元確認ちゃんとやれよってことで対策を打ち出したりしてますね。
これクレジットカードを持てないような職種の方々からすれば恐ろしく都合がいい仕組みだったんですよね(あえて言わないスタイル)

 

まとめ

ブロックチェーンってすごくないですか?銀行が何千億というお金を投資して守ってきた仕組みを
根本からひっくり返すような画期的な技術です。でもまだ、Wikipediaの10行の説明しただけなんです。

Wikipeiaだと次は技術的概要という項に入りますが、

「次はなんでマイニングすると報酬がもらえるの?」

という部分に大きく関わってきますがこの辺りで一旦切っておきます。
次回に乞うご期待!

この記事でちょっとでも興味が持ってもらえれば嬉しいです。

おしまい。

 

ブロックチェーンとは何か。仕組みはどんなものなのか。技術的概要
...
タイトルとURLをコピーしました