スポンサーリンク

リップル(XRP)が証券か集団訴訟中にリップル社の顧問弁護士が辞職

リップル(XRP)が証券か集団訴訟中にリップル社の顧問弁護士が辞職

この辞職がどういう意味を表すのか気になるkekekeです。こんにちは。

 

スポンサーリンク

リップル社は訴えに負けそうなの?

リップル社から顧問弁護士が辞職したとCCNが7日に報じた。リップルは、仮想通貨リップル(XRP)が証券と分類されるべきかどうかなどを巡っていくつかの集団訴訟に直面している。

CCNによると、この弁護士はブラインリィ・スィール氏で2016年にリップルに入社した。リップルの広報はスィール氏の辞職を認め、彼女の働きに感謝しているコメントしたという。

リップルは現在、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で未登録の証券を販売したなどとして集団訴訟を受けている。リップルの広報は、スィール氏の離脱が訴訟争いに影響を与えるかどうかについては答えなかったという。ただ過去にリップルの幹部は、訴訟が一番大きなリスクとみているという寛解を示しており、仮想通貨リップルが証券でないという主張を認めてもらうため、米国証券取引委員会(SEC)の元委員長であるメリー・J・ホワイト氏を雇うなど法廷での戦いに力を入れているという。

現在リップルは時価総額で3位。1位のビットコインと2位のイーサリアムは、すでに「証券ではない」とSECから認められている

「証券かどうか」の論争に関して今後の論点になるのは、組織が十分に分散化されているかどうかだという見方が出ている。

コインテレグラフより引用

前々からリップル(XRP)は証券なのかどうかで揉めています。

記載の通り1位2位のビットコインと、イーサリアムは既に証券ではないとSECから認められている手前、リップルが証券であるとなると認められると流動性が落ちることに加えて様々な問題が出てきます。

 

顧問弁護士がやめるということは裁判に負けそうということなのでしょうか。証券ではないという方針が貫けるのであれば弁護士は辞める理由はないため旗色が悪そうという印象は拭えません。

 

リップルが証券として認められるとどうなるか

まず、仮想通貨のイニシャルコインオファリング(ICO)で未登録の証券を販売したという訴えが通ることで、賠償金の発生が起きます。

次に、仮想通貨交換取引所では扱えなくなり証券会社でのみ運用が可能ということになります。そうなると当面の間は仮想通貨交換取引所での取引が禁止になるのはある程度の法治国家であれば右にならえで取引が出来なくなるので流動性や仮想通貨としての価値が認められなくなります。

少なからず日本での売買は即刻停止になると思っています。

仮想通貨には証券取引法が適用されないため法律が適用されないため色々と制約が緩く、悪く言えばやりたい放題なわけです。

コインベースへの上場の時のリップルやるから上場させろみたいなこともホルダーにはマイナスだろうとなんだろうとOKなんですね。

少なからず一端ホルダーは手放し、その後証券会社で扱われるようになったら買い戻す可能性もありますが、一時的な暴落は免れないでしょうね。

証券として認定されれば、証券取引所でのみ売買が可能となりますが、SBIやGMOみたいなところは比較的容易にシフトできるかもしれませんが、仮想通貨交換事業者としての権利しかないところでリップルの扱いを辞めるという可能性もあります。

 

何故リップルが証券でビットコインやイーサリアムは証券ではないのか

ビットコインやイーサリアムは、取引を承認するのはマイナー達であるが、リップルはヴァリデーターと呼ばれるリップル社が定めたヴァリデーターと呼ばれる人たちが取引の承認を行います。

この部分が大きな違いでビットコインなどは非中央集権、リップルは中央集権通貨です。この違いから仮想通貨じゃないじゃん?という話になっています。

実際のヴァリデーターを決めるのもリップルで、リップルもヴァリデーターの権限を有しています。加えて、全発行量の半分以上はリップル社が握っています。

リップル社としてはリップル社が明日なくなってもリップルネットワークは稼働するためリップルは証券ではないという主張で、最近になってリップルのアイコンもリップル社のマークから変更があり、色々と動いてはいるようですが、結局のところ決めるのはSECなのでSECが証券って認めたらアウトです。

 

まとめ

リップルにとってはバッドニュース。証券として認定される可能性がグッとあがった。

証券認定されれば、一時的な暴落は避けられない。その流動資金でビットコインなど他の仮想通貨に流れるかもしれない。

証券として扱われることになった場合、取扱を辞める業者も多そう。

でもユーザーにとっては、結局扱う場所が違うだけで証券取引法が該当すれば安心して売買が出来るようになるかもしれない。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました