スポンサーリンク

仮想通貨取引事業大手Zaifでハッキング被害。現時点での被害額は

仮想通貨取引事業大手Zaifでハッキング被害。驚きのその額は

こんにちは。kekekeです。

先日、Zaifで仮想通貨の入出金がサーバーの不具合により入出金が出来ない状態になっているとお伝えしたばかりですがその後ハッキング被害に合っていたことが新たに判明しました。

Zaifを運用するテックビューロ株式会社のプレスリリースを参考に見ていきます。

スポンサーリンク

概要

平成30年9月14日頃以降、弊社サービスにおいて、仮想通貨の入出金等の一部のサービスが稼働しておらず、お客様には大変なご迷惑をおかけしております。
弊社における調査の結果、入出金用ホットウォレットの一部が外部からの不正アクセスによりハッキング被害を受け、弊社が管理する仮想通貨のうちの一部が外部に不正流出させられたことが判明しました。

9月14日17時~19時の間に入出金用ホットウォレットが被害にあい仮想通貨(ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ)が不正送金されたとありますが、告知されたのが9月20日2時とユーザへの通知が遅すぎる対応に見えます。

 

被害額

現時点で正確に判明しているのは5966BTCで日本円にして67億円相当

コレに加えて、今後モナコインと、ビットコインキャッシュ分が乗っかる形になります。

個人的な予想ですが、70億円くらいになるんじゃないかと思っています。

追記:70億に修正されました。

保証はあるのか?

明示的な保証に関しては触れていませんが、フィスコのグループ記号である株式会社フィスコデジタル・アセットグループの子会社から50億円の金融支援を受けるという内容を締結させたようです。

それでも17億円+αは不足していますが、お客様の資産に被害が及ばないように準備を行うとはあるのでZaifの利益から捻出すると考えられるのでユーザー保証はある程度期待出来ると思います。

仮にユーザ保証があったとしてもいつ返金されるのかは不明で、直ぐ様換金するようなこともサーバーを停止してることから出来ないでしょう。

利用者は実質的に資金をロックされると見ています。加えて返金対応時に仮想通貨なのか、現金なのかも大きいポイントで。仮に利益が出ていた場合は、課税対象となるため節税対策を行う予定だったユーザの損害は計り知れないものになるでしょう。

 

入出金の再開はいつか?

現状は早い再開を目指すとしか記載されておらず具体的な日付はありません。

既に被害届けを出していると思うので、それらの検証等が終わるまではサーバーを動かせないと思うんですよね。それがいつになるのかは本当に不明です。

 

まとめ

仮想通貨はどうしてもオンライン上で取引を行うためハッキング被害に合いやすい。

加えて銀行ほどの堅牢なシステムは構築出来ていない。

仮想通貨取引所に預ける仮想通貨は取引に使う分にし、ソフトウェアウォレットやハードウォレットで管理した方がいいです。

あんまり物を勧めるライティングって苦手なんですけど、ここ最近の仮想通貨ハッキング具合を見ていると前は10万円以上の資産があればハードウォレットを勧めていましたが、少額資産でも利用した方がいいかもしれませんね。

おすすめハードウォレット

ハードウォレットは必ず正規代理店で購入し、中古品は絶対に利用しないでください。

 

国内取引所Zaif不具合により取引不可の状態に。Bitcoinは70万を割ってしまう。
...
タイトルとURLをコピーしました