ランバージャック実装。触ってみた感想など(英雄武器は後日追記)

2020年3月20日の大型アップデートでランバージャックが実装されたので取得していきながら色々見ていきたいと思います。

どうも、kekekeです。

先日のグラブル生放送で軽く触れられていましたが意外と早く実装だったので今回のアップデートに含まれていないと勝手に思っており、マルチバトルで見て気づきました。

スポンサーリンク

ランバージャックの取得条件

  • ベルセルクのジョブLvを20にする
  • エリュシオンのジョブLvを20にする
  • 専用称号「丸太は持ったな」を取得
  • 森人の証20個と4000JP

今回のクラスはクラス4の2種類をLv20にすることが取得条件となっており、クラス3ジョブは存在しないようです。

実質的にクラス4.5みたいな扱いのようですね。

英雄武器も交換とすると森人の証の必要数は増えるので注意

ランバージャックのアビリティ性能

◆アビリティ◆
木こりのうた 自分に木こりのうた効果 ◆効果中は様々な条件で森の仲間たちがサポートしてくれる

使用間隔:6ターン
大伐断 敵に自属性ダメージ/自分のクリティカル確率UP
◆2回で会心効果/3回でダメージ上限UP効果が追加
使用間隔:5ターン
落ち葉焚き 落ち葉焚きを展開/自分にバリア効果
◆落ち葉焚き硬化中毎ターン味方全体に攻防UP(累積)/効用効果/バリア解除時落ち葉焚きを解除
使用間隔:10ターン
安らぎの木漏れ日 味方全体のHP回復
◆2回発動で弱体1個回復/3回発動で弱体無効(1回)を追加
使用間隔:6ターン
◆サポートアビリティ◆
森とともに歩むもの 経過ターンに応じて自分のステータスUP

 

英雄武器

3月10日時点では英雄武器は未実装。公式からは4月に実装予定とアナウンス。後日追記予定

英雄武器の属性偏向のススメ

現時点では出ていない。後日追記。

 

ランバージャックの英雄武器「」エンブレムのススメ

英勇のエンブレム

 

天聖のエンブレム

 

魔獄のエンブレム

 

 

触ってみた感想

セージとエリュシオンの中間といった感じで長期戦向けのジョブの印象。個人的には上記のようなアビリティ構成になると感じた。

 

ソロでの長期戦でデバフが厄介な敵に強みがある

クリアを2枚採用したい場合などリミテッドアビリティの「安らぎの木漏れ日」を使って厄介なデバフを防げるのが強みに感じる。

累積攻防UPは強力

「落ち葉焚き」もバリアよりかはまだ少ない攻防累積UPが非常に魅力。グラブルの味方では○属性UPや、片面攻刃といったバフは様々なキャラクターが持つが累積攻防UPを持つキャラは少なく無駄がない。

 

得意武器斧と楽器はやや扱いづらい

現状、斧と楽器の得意武器は比較的少ない部類に入る。土属性が楽器が多いが刀得意キャラが強くちょっと弱さを感じる。

斧が得意で強力なキャラクターというのはあまりパッと思いつかないくらい少数。

まとめ

斧と楽器が得意となっているが扱いはソロ向け長期戦型。ただ、現時点では良く言えば汎用型、悪く言えば器用貧乏な感じが否めない

取得難易度はクラス4が2種類Lv20なので既存のプレイヤーの大部分は実装時点で満たしている状態。

セージのような扱いをしたいが得意武器がセージは槍と杖、ランバージャックは楽器と斧ということで使い分けはメイン武器に何を用いたいかで使い分けがある程度はできそう。

個人的にはすでにHPなどはセージが実装されたころと比較するとかなり高くなっている。
ヒールの3000~4000程度では不足気味であり、召喚石ルシファーで事足りることも多くなってきたため、敵のデバフが非常に厄介な場合のときに運用することが多い。

ランパージャックは「安らぎの木漏れ日」でクリアとマウントをあわせて再使用間隔が6ターンのため敵のCTが2にグラビティをつければかなりの確率で無視できるようになるのは強い。

 

 

タイトルとURLをコピーしました