Googleアナリティクスでユーザの訪問経路を調べる

GoogleAnalytics(アナリティクス)でユーザの訪問経路を調べる

 

このページでは自身のサイトに訪問するユーザーが、どのような訪問経路から閲覧しているかを確認する方法を説明します。

訪問元は大きく分けて以下の4つに分類されます。

  • 検索エンジンからの流入
  • ソーシャルメディアからの流入
  • お気に入りやブックマークからのダイレクトアクセス
  • 他サイトからのリンクを辿ってきたアクセス

 

GoogleAnalyticsでの訪問経路の確認方法

訪問経路の内訳を調べるには「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」と移動しレポートを確認します。

レポート上には標準であれば「Organic Search」「Social」「Referral」「Direct」と4行の表示がされているはずです。

それぞれ最初に書いた大きく分けた4つに分類されています

 

Organic Search」:検索エンジンからの流入
Social」:ソーシャルメディアからの流入
Referral」:他サイトからのリンクを辿ってきたアクセス
Direct」:お気に入りやブックマークからのダイレクトアクセス

 

この4種類の表記されている部分をクリックすると更に詳細な情報を閲覧することができます

 

Organic Search

OrganicSearchは検索エンジンからの流入のため少し詳細にかかれています。

メインは検索エンジンでどのような「キーワード」でサイトに辿り着いたかというところ。

他にも「新規ユーザー」なのか「直帰率」や閲覧した「ページ数」「平均セッション時間」なども確認できます。

 

Sosial

TwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワークに自身のサイトのリンクが貼られ、そこからアクセスしてきたユーザー数が表示される。

 

Referral

どのようなサイトを経由してきたかの一覧をが表示される。

特にこれは有名なサイトから参照されていると外部SEO対策としても有効なため、たまに確認してみてもいいかもしれない。

 

Direct

Directは特殊で、参照元も検索ワードもないため既存ユーザーが何回アクセスしてくれたかの指標という考え方で良いと思う。

表示回数が多いということはユーザーにとってそれだけ有用なページだということ。

 

「参照元/メディア」で更に詳細な経由元を調べる

「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照元/メディア」では詳細な訪問元を確認することができる。

チャネルよりも「参照元/メディア」の方が見ていて面白い。これらは4つの大分類を一括りにしてランキング形式で表示してくれる。

 

“/”の左側を参照元。右側をメディアを表現する。右側のメディアは前述で説明したが、左側の参照元は具体的なサイト名が表示される。

ドメイン名で表示されるため一見見覚えがないサイトだが大体はフィーリングで分かるはずだ。

「m.facebook.com」はフェイスブック。「t.co」はTwitterなど

 

これは余談だが先日、Twitterから従来の25倍ユーザーの流入がありこの機能を詳細に調べた。どのサイトからアクセスが多いかというのはバズったときにも確認できるため覚えておいて損はない。

ただし、明らかに海外の見知らぬドメインからサイトへの大量アクセスが確認された場合はサイトが攻撃されている場合もあるため注意が必要だ。

タイトルとURLをコピーしました