スポンサーリンク

マイニング機能付きのヒーターを発見!何これ面白そう。

マイニング機能付きのヒーターを発見!何これ面白そう。

 

仮想通貨ニュースを漁っていたら面白い物を見つけましたkekekeです。

 

なんとマイニング機能付きヒーター。マイニングで発生する熱をヒーターにしちゃいましたという商品。発想は嫌いじゃない。

 

スポンサーリンク

その名も「Crypto-Heater QC-1」

公式サイト

  • フランス製のヒーター
    グラボの排熱をヒーターにしようという発想は冬場になったらやろうと思っていたが
    まさか商品化するとは思わなかった。モバイルアプリのウォレットに送金出来る仕様。OC機能も付いてるってなんかすごい。

 

  • QC-1のLEDで仮想通貨市場の動向をリアルタイムで把握
    モニターでもついてるのかな。とりあえずインターネット接続は必須

 

  • ノイズの少ないハイエンドデザイン
    確かにデザインは普通。製品情報だとまさかの0dBという無音

 

  • 消費電力は650W(マイニングモードで450W、ブースター時で200W)
    これって2080を2枚分積んだ状態よりも消費電力が大きいんですが大丈夫なんだろうか。

 

  • 実際にGPU Radeon RX580が入ってる
    結局GPUが動いて排熱するだけなのね…。

 

  • 気になるお値段は2900€
    日本円にすると375,245.50円。どんな大富豪をターゲット層にしてるんだ…。
    なお、送料別300$

実際収益的にはどうなのか

QC-1は60MH/sのハッシュレートの性能を持って、3種類のアルゴリズムに対応してもっとも収益が高い仮想通貨を採掘する模様。

予想収益は100€らしいがこれは電気代を差し引いていない値に見えるため実際はもっと少ない。保証は1年なので壊れたら大赤字

 

今後も採掘難度は上がることを考えると元を取れるのは5年以上は掛かるでしょう。
サイト情報と製品情報を見る限りヒーターのみの機能というのは付いていないので
赤字になったらただの電力消費が高いヒーターになる恐れもありそう。

 

 

まとめ

最近マイニング機能付き◯◯のニュースがたまに見ましたが、今回は排気熱をプラスに利用したアイテムだったのでちょっとサイトを読みました。

 

こういうアイディアは嫌いじゃないんですが元が高すぎて手がでないですね。
普通のヒーターですら壊れやすいというのにこれは…。

そもそもフランスの電化製品日本で使えるのかもわからないので
価格が3万円くらいだったら私は半分冗談で買ったかもしれません

 

おしまい。

 

タイトルとURLをコピーしました