スポンサーリンク

ソフトウェアウォレットElectrumのインストールと使い方。日本語化までの方法を説明

Electrumのインストールと使い方。日本語化までの方法を説明

仮想通貨資産を守るのにウォレットは大事です。
今回はメジャーかつハードウェアウォレットには堅牢性では劣るけど利便性は高い
ソフトウェアウォレットで有名なElectrumウォレットの紹介です。

既存のウォレットでは今までのトランザクションデータと同期をとるために
使い始めるまで1日などかかってしまいってるのをElectrumは別サーバにトランザクション情報を置いて参照するだけに変更し、すぐ使えるようになりました。すごく画期的です。

ハードウェアウォレットは高いけどなるべく安全に保存したい方にオススメというか私自身これを使っているので紹介しやすいのです!

 

スポンサーリンク

Electrumのメリット

元々ElectrumはBitcoin用だったのですがオープンな開発環境で様々な仮想通貨版が出ています。
先日紹介したKoto版などもあります。リップル版は現状でてないのが悲しいところです(´・ω・`)

仮想通貨の保管方法の種類
...

上記でも記載しましたが、取引所に保管というのにもメリット・デメリットがあるのですが
あくまで取引するところであって、保管場所ではないですし、狙われやすいです。

個人のPC1個あるかないかわからないのにハッキングするよりもリスクはあると思っています。
その点個人のPCはある意味ターゲットにするには美味しくないので比較的安全です。

 

  1. 他のソフトウェアよりも軽量
  2. オープンコードなので変なコードが入ったらすぐばれる(セキュリティ面優秀)
  3. Electrumはバックアップファイルを下手に残さない
  4. seedという復旧用パスワードがあれば万が一でも復活させられる
  5. コールドウォレット化も使い方次第で可能
  6. 二段階認証も対応済み

私はスマートフォン上のウォレットはまだ懐疑的なため当面Electrumです。
資産がすんごいことになればハードウェアウォレットも使いたいんですけどね…減る一方です(´・ω・`)

 

公式サイトからダウンロードからインストールまで

Electrum

赤枠からDownloadをクリック

 

ダウンロード画面から対応するOSのものをインストールします。私が利用しているのはWindowsのためWindowsで説明します。

Windows版は3種類あります。

  1. Standalone Executable
  2. Windows Installer
  3. Portable version

3番目以外なら良いと思います。

今回はWindows Installerを利用します。

 

Downloadが終わったらexeファイルをダブルクリック

インストーラーが動きます

保存先を変更しない場合はInstall

 

 

初期設定

ここから初期設定です。画像を撮り忘れました…。
試しにアンインストールしても過去のデータが生きてるようで取れなかったので
文字ベースでの説明になります。

 

Walletのところにdefault_walletと表記があると思いますが特に気にせずNextでOKです

 

次にCreate  ‘defalut_wallet’と出ます。一般的な利用であればStandard walletでOKです。
この設定はあとからでも変更できるのでとりあえず進めます。

 

続いてSeedの作成画面です。ここで過去のを引き継いだりできるのですが
今回は初めのインストールを想定しているので Create a new seedを選択してNext

 

次のSeedはすごく重要です

Your wallet generation seed is:で表記される12個の単語は必ずメモを取って下さい

このseedはElectrumの秘密鍵に該当するもので引き継ぎ等や復旧のときに使います。
オフラインで保管して誰にも見せないようにしてください。メモを取ったらNext

 

 

次の画面で本当にメモを取ったか確認されます。単語1文字でも間違えれば次に進めなくなります
正しい情報を入れてNext

 

次の画面でアプリの起動パスワードを決めます。
よくある2回入力するタイプなので割愛してNext。

 

アプリの初期設定

 

先程決めたアプリ起動パスワードを入力します。

 

 

こんな状態になりますが、日本語化が用意されてるので日本語化しましょう。
ついでにデフォルトだと単位がmBTCなのでこれもBTCにします。ここはお好みで。

Tools  > Preferences > Appearance タブへ移動

このLanguageをプルダウンからJapanese
Base unitをmBTCからBTCへ変更してClose

次にホップアップが出ますが、言語変更は次の起動時からになるので
一度アプリを終了して再起動します

 

 

上記のような画面になればOKです。

 

アドレスの確認

先程の画面から「請求タブ」をクリックすると入金アドレスというものがあります
そのアドレスがメールでいう自分の受信アドレスです。

 

このアドレスに向けて自分の所持するBitcoinを送ることになります。

初回送信時は必ず少量にして手順誤りがないか確認しましょう。仮想通貨の仕組み上間違えると永久に取り戻せなくなります。
無事着金できれば履歴タブに表示されるようになります。
仮想通貨は瞬時に反映とまではいかないので時間を少し置きましょう。

まとめ

オススメのソフトウェアウォレットElectrumの紹介でした。
これには亜種として他の仮想通貨に対応したものもありますで私は最初にその通貨版があるか探します。

基本的なスタンスとしてホールドするなら取引所ではなく、ウォレットに。
取引所には取引する分だけを置いておくようにするのがおすすめです。

導入コストとしては0円で復活可能なので迷ったらこれ。更に堅牢ならハードウェアウォレットをオススメします。

 

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました