スポンサーリンク

Q&AサイトのOKWAVEがクラウドマイニング事業に参入発表。ちょっといけそうな気がする

昨日台風の低気圧の影響で頭痛が酷いですkekekeです。こんにちは。

 

面白そうなニュースが飛び込んできました。大手のQ&Aサイトを運営するOKWAVEの子会社がクラウドマイニングに参戦すると発表がありました。

 

国内ではGMOやSBIなど様々な大手企業が参戦していますが、大体は金融系に強みを持っている企業だったので、ノウハウ等はあるんだろうくらいにしか思っていませんでしたが、OKWAVEはブロックチェーン事業などの開発も進めているというのは知っていましたが、予想外でした。

 

 

スポンサーリンク

興味深いポイント

OKWAVEのマイニング事業は国内ではなく電気代が安い中国国内やウイグル自治区等で行うことが決定しており、海外で行う当たりは先を見てる気がしています。

日本でマイニングファームを建築するのは電気代のことだけを考えるとかなりリスキーです。加えて土地代の費用も合わせると日本の金沢にマイニングファームを建てたGMOは、採算取れないだろうなと思って見てました。

マイニングファームを建てるなら電気代が安い国か、寒い地域で排熱処理が不要になるような地域にするのが鉄板と言われています。

その点、OKWAVEは、計画的に実施しているように見えます。技術的な面でもHuobiという大手仮想通貨取引所とパートナーシップを組んで安定する可能性が高いです。

気になる稼働台数は、記載されておらずどれくらいの規模かは不明。

10月から稼働するとのことですがもしかしたら行けるんじゃないかなーと思います。

 

日本の電気代は1kwあたり27円、中国は1kwあたり9~11円と言われています。ちなみにアメリカは1kw10円~12円、ドイツは1kwあたり31円です。ドイツは再生エネルギーに力をいれていることに加え電気の税金が31%で日本の場合は消費税の8%しかかかってないためおよそ4倍税金がかかってます。

 

 

OKWAVEが利用するマイニングマシン

AvalonMiner A9を利用するようです。

ハッシュパワー26.5〜30TH/s
エネルギー消耗1,720W(代表値)
エネルギー消耗比0.06〜0.07W/G
チップA3207 7nm ASIC
ファン1X 14038 FAN

 

7nmチップと呼ばれる最先端のASICです。このスペックはかなり電気効率が良いと思います。日本の一般家庭だとまず使えないのであまり見ていませんでしたが、

現時点では最上級モデルと考えていいと思います。気になるお値段は現状不明。
情報もまだ海外サイトが多いですね。調べてるついでにこの発売元のCanaanはマイニングチップ入りのTVも発売するそうです。

 

比較対象として7月に発売されたGMOマイナーB3は、最大33TH/sで$1999USD=22万2千円ということを加味すると20万くらいでしょうか。ただし、消費電力はGMOマイナーB3が1950W~3417Wなので性能は圧勝に見えます。

 

もう少し落とし込むと、GMOマイナーB3が1TH/sで81W~103Wとあるので
代表値で最大のスコアを出せると仮定するとAvalonMiner A9は1TH/sを57Wくらいで出せるということになります。実際はもっと高いと思いますがそれでも性能は圧勝ですね。

 

加えて電気代の差がこれに加わりますので採算がとれるのは皮算用ですが、圧倒的にOKWAVEです

あとは稼働率と電力供給の安定といった外的要因でスコアが変わるか次第ですが、どちらのクラウドマイニングに投資するかと言われたら迷わずOKWAVEに投資します。

 

これからも上がり続けるBTCのハッシュレートは更に加速し極細マイナーはマシンを止めざるを得ない状況は近いかもしれないですねー多少の赤字なら趣味で回せるんですが8月だけでもハッシュレートは50%近くあがってるというのに今後もどんどん企業が進出となると厳しいです。

 

まとめ

他ジャンルの企業がクラウドマイニング事業開始

国内の既存企業よりも採算がとれる可能性が高そう

一口のお値段次第だがOKWAVEに投資してみたい。

 

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました