スポンサーリンク

美しすぎる◯◯とロシアのマイニング事情

美しすぎる◯◯とロシアのマイニング事情

 

美しすぎる女医、美しすぎる議員など一時期流行った見出し記事ですが、まさかこのジャンルでこの言葉を使うとは思いませんでした。kekekeです。こんにちは。

 

ご紹介するのはこちらのサイトで販売されているマイニングリグ。

 

スポンサーリンク

美しすぎるマイニングリグ Freer miner

 

信じられないことにこれマイニングリグなんですよ。ロシアのデザイナーAndrey Fabishevskyさんがデザインしたものです。

どれくらいのキャパなのかとかは不明ですがインテリアとしておけるレベルまでまさかあのマイニングリグを昇華させるとは思いませんでした。

 

機能面はさておき、重ねおきも可能というマイニングリグとしての拡張性も保つという一品。

 

仕様

外部出力は電源とLANポートにSDカード?USB二箇所ですかね。GPUのような詳細なスペックは書かれていなかったのでハッシュレート等や消費電力といった部分は不明。ググったりもしたんですが見つけられませんでした。

恐らくマイニングリグと書かれているのでフレームだけではないと思うんですがもしかしたらフレーム単体なのかもしれないです。

作成過程もあるのですが高度すぎて意味が分かりませんでした。

発売日は2018年8月30日と最新。お値段は見当たりませんでした。

 

ロシアのマイニングにかかる税金

Freer miningの値段を探してたらBitcoin.comというサイトでロシアのマイニングの税金について触れてる部分がありました。

ロシアは比較的マイニング事業者に優しいようで所得税が13%です。日本だと復興支援税も含めると20.135%なので約2/3ですね。一般のロシアの法人所得税が24%なので相当優遇されています。

それなのに更に3~5%ロシアは税金を下げようと財務大臣が提案しているようです。

それは、ロシアのマイナーは35万人以上いるようですが、大多数が税金を収めていないようで損失としては年間20億ルーブル(約33億円)近い未回収税が発生していることが問題となっています。

それも暗号化方式のウォレットで所有者が特定できていないため税金逃れをしても分からないようです。

ロシアの地理的には寒冷地のためマイニングに適していて、土地も広く安いためマイニングを行う立地条件としてはいいはずです。電気代は広大な土地をもつロシアのせいか都市部ほど高く、地方ほど安いようです。

例えば、マンションで一ヶ月に200キロワット時を使用するとします。地方によって値段は以下のようになります([1]参照)
(ガスが付いている建物だったら、1キロワット時の値段がほんの少し高くなることがあります)

モスクワ 1,006ルーブル
サンクトペテルブルグ 768ルーブル
ノヴォシビルスク 468ルーブル
マグニトゴルスク 548ルーブル
ウラジオストク 630ルーブル
単位はルーブルです。

引用元

 

ロシアの地方で個人事業主でマイニングってちょっと楽しそうだなぁと思いましたが寒くて死にそうなのでやめておきます。

確かロシアだった気がするんですけどマイニングの騒音で爆破予告があったような。と調べてみたら記事を探したらノルウェーでした。

 

まとめ

美しすぎるマイニングリグ。実用性は不明。

ロシアのマイナーは脱税が多い?ロシアが国レベルで対応する自体に。

マイニングをやるときは騒音に注意しよう。

個人レベルのマイニングで一生ご飯が食べていけるならフリーランスでやってみたい。

 

おしまい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました