スポンサーリンク

Monappyの流出したモナコインは全額保証されると発表

Monappyの流出したモナコインは全額保証されると発表

 

先日不正流出したと書いたMonappyのモナコインは全額保証されると公式から発表がありました。とりあえず利用者の方は一安心かなと思いますkekekeです。

 

Monappy、サーバー上のほぼすべての仮想通貨モナコインが盗難被害
本件の対応を理由に、Monappyからメール・電話・郵便等でメールアドレスやパスワードなどをお伺いすることはありませんと公式から出てるので注意してください。

 

スポンサーリンク

Monappy引き継ぎ先のIndieSquare回答

今後の対応

不足残高の補填に関しましては引継ぎの最中であったことから旧運営者側とも協議し利用者の方々の救済を第一優先として、旧運営者側の自己資本を持って全額を補填に充てることと致しました。本件の原因箇所の修正と検証ののち、機能を制限した上で可及的速やかに出金処理が出来ますよう再開致します。

補償の方針
総額: 93078.7316 mona
人数: 7735人

全員の残高不足分をMonacoinで補填致します。補償時期、方法の詳細に関しましては現在検討中ですので、決まり次第速やかにご報告致します。

IndieSquareから引用

93078モナコインは今の相場で1モナコイン154円なので1434万4124円…。

これら全部を旧運営側が用意するというのはそれだけ利益が出てたのかポケットマネーから出すのかは分からないが高額。

このサービス自体をあまり知らないが保証対象人数が7735人ということはそれなりのコミュニティがあったんのだろう。

コインチェックの580億円流出と比べると可愛いものかもしれないが1つのバグでここまでの損害を被るとは恐ろしい。

仮想通貨の管理側には絶対周りたくないな…。

 

仮想通貨取引事業大手Zaifでハッキング被害。現時点での被害額は
...

 

まとめ

Monappyの流出したモナコインは全額保証されるが時期は検討中

コインチェックと同様やはりホットウォレット(オンライン上で管理されているウォレット)が狙われた。

改めて思うのはホットウォレットは危ないのでインストールタイプのソフトウェアウォレットかハードウェアウォレットで保管するのがやっぱり安全。

 

ソフトウェアウォレットElectrumのインストールと使い方。日本語化までの方法を説明
Electrumのインストールと使い方を初めての方向けにご紹介。ダウンロード、インストール、初期設定の日本語化とアドレスの確認まで説明。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました