スポンサーリンク

FinTech(フィンテック)とは何か。造語って知ってた?

FinTech(フィンテック)ってたまに用語は見かけるけど意味を理解してなかったので、改めて調べて見ると英和辞典でヒットしない。

調べてみると金融(Finance)と技術(Technology)の組み合わせの造語。

なるほど。だからTechのTは大文字なのか。

スポンサーリンク

FinTechとは

金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。

米国では、FinTechという言葉は、2000年代前半から使われていました。その後、リーマンショックや金融危機を経て、インターネットやスマートフォン、AI(Artificial Intelligence、人工知能)などを活用したサービスを提供する新しい金融ベンチャーが次々と登場しました。
例えば、資金の貸し手と借り手を直接つないだり、Eコマースと結びついた決済サービスを提供する企業があるほか、ベンチャー企業が決済などの金融サービスに参入する動きも増えています。

また、これまで金融サービスが十分普及していなかった途上国や新興国でも、スマートフォンを利用した金融サービスが急速に広がる動きが進んでいます。さらに、ビットコインのような仮想通貨や、ブロックチェーンおよび分散型台帳技術(注)といった新しい技術も登場しています。

出典:日本銀行

 

より広義的な意味合いにすると

  1. 技術革新の下での金融サービスや金融構造の変化を的確に把握する活動
  2. 経済社会の基幹インフラを提供する立場からの新しい技術に関する調査研究
  3. 国内外の議論への積極的な参画を通じて、前向きな変化を促す「触媒」の機能

 

金融関連の何かと情報技術が組み合わさればなんでもFinTechと呼んで良いという感じ。提供することだけでなく、調査研究や参画などもFinTechの活動という風に含まれている。

また、その分野の企業自体を指す言葉として使われる場合もあるようだ。

市場は年々拡大傾向にあり、ブロックチェーン技術も含まれている。

身近なFinTech(フィンテック)

出典:VentureScnaner

この中で日本人でも馴染みがありそうなのは「PayPal」あたりだろうか。

「PayPal」はオンライン決済などで利用されるサービス。今のところはやはりお金を管理する金融業とそれらをITで簡潔にする情報技術がイメージしやすい。

利用者目線からだとこの組み合わせによって得られるメリットは大きい。

  • 金銭面的に安く済ませることが出来る
  • 時間を取られずに簡潔に早く済ませられるようになる
  • 難しいことはよく分からなくても基本的なことさえ知ってれば便利になる

 

モバイル決済

「おさいふケータイ」や、今だと100億円還元キャンペーン中の「PayPay」、「LINE Pay」などが該当する。

スマートフォンからクレジットカード決済を可能にした技術のサービス。

キャッシュレスが世界的にも進む中、日本も経済産業省が平成30年4月に「キャッシュレス・ビジョン」構想を打ち上げるなど今後このようなサービスはどんどん発展していくでしょう。

 

経理関連のクラウド化

金融業というとお金のやり取りのイメージが強いが金融機関の勘定系システムや営業店システムといった情報システムもフィンテックと称される場合がある。

記事を見ていると従来の金融業務を革新的にITによって短縮する技術もフィンテックとして扱われるようだ。以下に挙げたのは確定申告などの経理関連の処理をIT技術により簡略化したクラウドサービス

バランススコアシートを手書きやExcelで買いて収支をつけてたり戡定科目を自ら調べて記載してたことを考えると革新的に楽になったと言えるだろう。

 

仮想通貨

FinTech(フィンテック)は仮想通貨の基盤を支えるブロックチェーンも含まれている。

ブロックチェーンに関することを書き始めると非常に長文になってしまうため割愛するが、仮想通貨のリップルも国際送金をIT技術で簡略化して「早く、安く、確実に」処理を進めるということを考えるとFinTech(フィンテック)に当てはまると言っても問題ない。

正直なところオンライン決済=FinTech(フィンテック)という認識があったので仮想通貨取引を行ってる私はこのことに気づいておらず盲点だった。

FinTech(フィンテック)関連がテーマの企業群

株探から見てみると上場済みの企業でもフィンテック関連の企業は多い。

  • 「LINE Pay」でも取り上げたLINE
  • ナレッジコミュニティのOKウェイヴ
  • オンライン会計システムを提供するマネーフォワード
  • 人材やSUUMOなどの不動産斡旋を行うリクルート
  • SIer日本最大手のNTTデータ

他にも多数あるが一部として挙げておく。銘柄全体を見ていても銀行業かIT業のどちらかの企業が注力しているようだ。

 

まとめ

FinTech(フィンテック)は金融とITの組み合わせ技術の造語。

身近なところではオンライン決済など生活に少しずつ浸透してきており、世界的に見ても拡大傾向。

大手企業でも注力しており従来の方法に比べて革新的に「早く、安く、便利」になっている。

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました